GIMP2(ギンプ2)のトリミング(切り取り)ツールの使い方

GIMP2(ギンプ2)で写真トリミング(切り取り)ツールの使い方の説明です

トリミング(切り取り)とは?

トリミングとは商品撮影した画像の切り取り作業のことです。以下のときに使います。

王様の撮影キットで商品を撮ったあとで、

  • 商品が中途半端な位置で撮ってしまった!
  • 背景に写って欲しくないものが写ってしまった!
  • 商品をもうちょっとアップで撮りたかった!

こんなときは、トリミング(切り取り)しましょう!before after写真を比較して下さい。

Before写真
商品が中途半端な位置で撮影してしまった、もうちょっとアップで撮るべきだった
After写真
余分な背景を切り取って、商品を中心にもってきた

ステップ1 GIMP(ギンプ)のトリミング(切り取り)ツールを押す

トリミングツール(カッターナイフのマーク)を選択します。

次に値を固定(縦横比)にチェックを入れます。

ステップ2 トリミングしたい範囲をマウスで囲みます。

ステップ3 キーボードの十字キーでさらに細かく調整する

範囲を囲んだ状態で、細かく設定することができます。

自分のイメージと違ったら、(ctr)+(z)キーを押して、1つ前の段階に戻れます。

次は2番目の、画像の「サイズ変更」です

それでは2番目の、画像のサイズ変更に進みましょう!

 

商品撮影テクニック集はこちら

写真 品質

商品撮影テクニック

 
 
Copyright 2012 日本一わかりやすいGIMP2(ギンプ2)の使い方講座 All Rights Reserved.