GIMPレタッチ(画像加工)の心構え

GIMP2(ギンプ2)でレタッチ(画像加工)する前の心構え

レタッチ(画像加工)の心構え

レタッチ(画像加工)の心構え

王様の撮影キットを使って商品撮影した場合や、他社さまの撮影キットを使って商品撮影した場合、デジカメの写真は、実際に商品を目の前にして人間の目で直接見るよりも、魅力が伝わりにくいことが多いです。特に料理で!

例えば次のお寿司の写真をみて下さい。

Before写真
鮮やかさが今ひとつです
After写真
彩度を少し上げました

例えどんなすばらしいプロ用の照明機材を使用したとしても、左のbefore写真がデジカメのレンズの限界です。しかし、わたし達は写真の力で商品をお客様に売らないといけません。お寿司などを撮影して鮮やかさに欠けると、魚の鮮度が悪そうに見えて、注文してもらえません。

少しでも「食べたい!」「欲しい!」と感じてもらうためには、ある程度までの写真の加工は必要であることを覚えておいて下さい。

絶対に行ってはいけない加工!

画像を加工し過ぎて、商品到着後にお客様から「商品が写真と違い過ぎる!!」とクレームになっては本末転倒です。

写真を実物に近づけ、商品の魅力を最大限に引き出す目的で加工しましょう。

 

商品撮影テクニック集はこちら

写真 品質

商品撮影テクニック

 
 
Copyright 2012 日本一わかりやすいGIMP2(ギンプ2)の使い方講座 All Rights Reserved.